技術士第二次試験のスケジュール

 

 平成25年度から試験方法が変わります。

 大きな変更点としては以下のとおりです。

  ①体験論文の廃止。

  ②出願時に提出する業務経歴票の様式が変更となる。

  ③必須科目の論文が廃止され択一方式となる。

 (詳細については(社)日本技術士会ホームページを参照して下さい。)

 

 この中で、特に注視しなければならないのが体験論文の廃止と業務経歴票の様式の変更です。

 技術士第二次試験は上述したとおり口頭試験があるのですが、平成24年度までは、体験論文を提出しその体験論文が口頭試験の題材として用いられていました。

 

 しかし、平成25年度からの試験方式変更に伴い、体験論文がなくなり、業務経歴票に代表業務の概要を記載する様式になったということは、業務経歴票が口頭試験の題材として用いられることとなります。

 

 技術士二次試験は,概ね以下のようなスケジュールとなっています。

 (技術士第二次試験は一年がかりの試験です)

 

スケジュール 平成25年度(※)
4月    
  出願 平成25年4月10日(水)
   
5月 ~平成25年5月8日(水)
     
     
6月    
     
     
7月    
     
     
8月 筆記試験

平成25年8月3日(土):

総合技術監理部門

平成25年8月4日(日):

総合技術監理部門を除く技術部門

     
     
9月    
     
     
10月    
     
  筆記試験合格発表 10月31日(木)
11月 口頭試験

11月

   
  ↓   
12月

 

   
   
1月 ~1月 
     
     
2月    
     
     
3月 口頭試験合格発表 平成26年3月3日(月)[予定]
     
             ※(社)日本技術士会ホームページより